心理性的発達理論とは

 

心理性的発達理論とは、性的エネルギーを意味するリビドーの所在という観点から発達を分類した理論である。提唱者は、Freud,S.(フロイト)である。発達段階は、口唇期(0〜1歳半)、肛門期(1歳半〜3歳)、男根期(3歳〜6歳)、潜伏期(6〜12歳)、性器期(12歳〜)の5段階に分けられる。リビドーの所在が各段階で異なる。各段階それぞれにおいて適切にリビドーが満たされない場合、欲求に対する強い執着が生じる。これを固着という。各段階の固着はその特性に応じた性格特性を形成する。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください