ピグマリオン効果(教師期待効果)とは

 

ピグマリオン効果とは、教師が持つ対象生徒に対する期待に沿う形で対象生徒が変容するという効果を指す。ピグマリオン効果は、Rosenthal,R.(ローゼンタール)による実験で証明された。実験の内容は、教師が成績の伸びを期待した生徒の成績が実際に他の生徒の成績よりも高くなったというものである。ピグマリオン効果には、自身の信じていることや期待を現実にしようと信じていることや期待が無意識下で行動や態度に反映され、その結果として信じていることや期待が現実のものになりやすいという自己成就的予言のメカニズムが働いていると考えられている。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください