無作為抽出(ランダム・サンプリング)とは

無作為抽出とは、母集団の性質を偏りなく反映するように標本を抽出することである。推測統計において、標本から母集団を推測することは、標本が母集団の性質を偏りなく反映しているという前提によって成り立つ。無作為抽出がされない場合、標本の性質と母集団の性質は異なったものとなる。すなわち、標本から母集団の性質を推測することができない。しかし、現実には無作為抽出は限りなく難しい。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください