信頼性とは

 

 

信頼性とは、データの安定性・一貫性のことである。誤差の少なさとも言い換えるられる。代表的な信頼性の検討方法には、再テスト法、平行テスト法、折半法、α係数の測定などがある。現在最も用いられているのは、内的整合性を検討する方法である。内的整合性が高ければ、テストが等質な項目で構成されているということであり誤差が少ない、つまり信頼性が高いとみなすことができる。代表的な内的整合性の指標としては、クロンバックのα係数があげられる。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください