レジリエンスとは

レジリエンスとは、困難に対する耐久力・抵抗力・柔軟性を意味する。提唱者は、Rutter,M.(ラター)である。定義は研究者によって様々であるが、ラターは「深刻な危険性にもかかわらず、適応的な機能を維持しようとする現象」と定義づけている。家庭環境に著しい困難を抱えた子どものすべてが不適応を示すわけではなく、中には社会への積極的関心をもち適応的な生活を可能とする子どももいる。この事実を受けて、困難に対して不適応になる者とそうでない者の差異を明らかにする概念の1つとして、現在レジリエンスは注目を集めている。レジリエンスを構成する因子は多数存在し、生得的な因子に限られず、後天的に獲得・変化すると考えられている。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください