抵抗とは

 

抵抗とは、クライエントによる心理療法の進行の妨げを指す。具体的には、面接中の沈黙、無断欠席、遅刻、などである。原因としては、自身の内面を直視することへの不安や苦痛、問題の解決を望みながらも自身の変化への不安が存在することや疾病利得などが挙げられる。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください