レスポンデント条件づけとは

レスポンデント条件づけとは、無条件刺激と条件刺激の対呈示により、本来は無条件刺激によって誘発される無条件反応が条件反応となり、条件刺激との新たな連合が生まれることである。古典的条件付けとも呼ばれる。提唱者はロシアの生理学者Pavlov,I.P.(パブロフ)である。犬の唾液分泌を用いた実験に基づいている。レスポンデント条件づけの理論はワトソンによる行動主義の基礎理論となり、その後はウォルピによって行動療法として臨床活用され、系統的脱感作法などの様々な技法の基礎となっている。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください