再テスト法とは

 

 

再テスト法とは、同一の集団に一定の期間をあけて同一のテストを2度行い、2回の相関係数を算出する、信頼性の検討方法である。デメリットとしては、時間的なコストがかかること、記憶や学習の効果でテスト結果が歪む可能性が高いこと、などがあげられる。メリットとしては、信頼性の定義にそっていること、直感的にわかりやすいこと、などがあげられる。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください