臨床心理士の4領域とは

臨床心理士の4領域とは日本臨床心理士資格認定協会が定めた臨床心理士の役割で、以下の4つがあげられている。第1にクライエントの全体像を観察や面接・心理検査などを用いて把握する臨床心理査定、第2に査定結果を元に適切な心理療法を行い援助していく臨床心理面接、第3に地域に働きかけることで地域全体の心理的問題の予防や安全を図る臨床心理的地域援助、第4に査定技法や心理療法の効果を検討していく調査・研究活動である。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください