箱庭療法とは

箱庭療法とは、クライエントが自由に箱庭を作っていくという心理療法である。確立したのはKalff,D.(カルフ)である。箱庭を作ることで、自らの内的世界を表現すること可能となり、内的葛藤が解放されてカタルシス効果が得られるとされる。また、創造的な活動に取り組むことそれ自体により自己治癒力が発揮される。箱庭療法をはじめとする芸術療法は、言語化することが困難な対象にとくに有効な療法である。子どもだけでなく大人に対しても用いられる。また、箱庭療法はアセスメントにも用いられる。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください