統合失調症とは

統合失調症とは、陽性症状・陰性症状・解体症状の3つの症状を主に示す精神障害である。陽性症状とは、妄想や幻覚、奇異な行動などを指す。陰性症状とは、意欲の喪失や感情の平板化、活動性の欠如などを指す。解体症状とは、まとまりのない解体した支離滅裂な会話と行動などを指す。の原因は特定されていない。多様な要因が複合的に影響しあって発症に至ると考えられている。援助方針は大きく急性期と慢性期で2つに分けられる。急性期は陽性症状中心で、この時期には薬物や入院による鎮静といった援助を行う。慢性期は陰性症状中心で、この時期にはSSTや家族への心理教育などを行いながら、患者の社会復帰を援助していく。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください