選択的知覚とは

 

選択的知覚とは、感覚情報を無意識的に取捨選択し、必要とする情報のみを知覚するという知覚現象のことである。選択的知覚の代表的な例には、知覚的鋭敏化、知覚的防衛、カクテルパーティー効果などがあげられる。知覚的鋭敏化とは、自分にとって価値のある情報が知覚されやすくなることである。知覚的防衛とは、自分にとって不都合な情報が知覚されづらくなることである。カクテルパーティー効果とは、パーティーなどのにぎやかな人混みなどの状況においても、自分の話し相手の声や自分の名前などが知覚されることである。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください