セリグマンの犬の実験

セリグマンの犬の実験とは、Seligman,M.E.(セリグマン)が学習性無力感を提唱する元となった犬を用いた実験である。いかなる行動をとっても電気ショックから逃れられない環境に長く置かれた犬はその後電気ショックから逃れられる環境へ移行しても逃げようとしなかった、という実験である。この結果から学習性無力感が見出された。学習性無力感とは、自身では対処できない体験をし続けたことによって、あらゆる行動への動機づけが喪失している状態を指す。うつ病の背景要因の1つとしても考えられている。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください