系列位置効果とは

 

系列位置効果とは、提示順によって記憶課題の再生率に違いが生じるという現象である。系列位置効果の代表例に初頭効果と新近性効果があげられる。初頭効果とは、記憶課題の最初の数項目の再生率が高いという系列位置効果を指す。初頭の項目は短期記憶の容量に余裕がありリハーサルされやすく長期記憶に移行しやすいため生じると考えられている。新近性効果とは、記憶課題の最後の数項目の再生率が高いという系列位置効果を指す。最後の数項目は記憶課題再生時点で短期記憶に残っているため生じると考えられている。新近性効果は、記憶課題の提示終了から再生までの間に1分ほどの妨害課題を行うと、短期記憶が消失し、効果がみられなくなる。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください