心理学部、院試の勉強期間はどれくらい?

Question

✔️心理学の大学院行きたいけど、どれくらいの期間勉強するの?

✔️心理学の大学院行きたいけど、いつスタートすればいいの?

✔️心理学の大学院行きたいけど、まだ間に合う?

この記事は、上記のような疑問へ少しでもお役に立てればと思い上梓しております。

Let’s情報共有!

心理学への第一歩を踏み出そうと志した方、向けです!

 

心理lifeハッカー緣

この記事を書いている私、心理lifeハッカー緣は、大学卒業後に社会人を経て心理学部へ再入学、そこから大学院を受験しました。大学の仲間や受験予備校(院試の受験予備校ってあるんです!)、もちろんインターネットも含めて私が情報集取した結果をお伝えします。

Answer

一般的に院試勉強は4月にスタート、年度内の合格を目指します。

つまり、期間は5ヶ月〜1年。

結論からお伝えすると、院試準備期間は以上の通り。

一概には言えませんが、4月に勉強を開始しして、9月から順次始まる院試を受けていくという流れになります。

もちろん、人によっては浪人ということで次年度にリベンジする場合もあります。

社会人で家庭もあるため、一年は基礎をしっかりゆっくり学んで、次の年に受験は目指します!という方も沢山いらっしゃいます。

心理って社会人の方多いですからね。

 

とはいえ、人それぞれペースはありますが、一応、4月にスタートして9月からの院試に滑り込むという流れの勢いに乗るのが一般的だということをおさえましょう。

実際、大手の院試対策予備校もこのスケジュールで進んでいます。

 

私の周りでは、3月に仕事を退職され、4月から猛勉強を開始、9月の最難関校受験に合格という方がいらっしゃいました。この方は、社会人で、心理学は初めて学ばれるという40代女性でした。

他にも、他学部出身で1月から独学開始、9月の最難関校受験に合格という方もいらっしゃいました。

 

と! いうことで!

今日からガツガツ英単語の暗記やら心理学の重要概念の暗記やら、統計やら、論述やらやっていきましょう!というのが結論です。

Let’s! study!

 

と..いうわけですが..

が..それだけでは味気ないので、

もう少し詳しくお伝えしたいと思います。

 

 

時期別、学習内容

1〜3月:なんとなく志望校の過去問をチェック&情報収集&学習計画

この時期は、早い人であれば受験勉強をスタートしています。

そのことは肝に銘じておきましょう。うむ。

 

その上で、優先順位は過去問の確認と情報収集です。

 

なんの計画もなしに闇雲に院試の勉強をスタートしても意味がありません。

 

統計が不安で不安で統計ばかり勉強していたら、志望校は統計は選択問題かつ配点がとっても低かった!

なんてことになったら大変です。

 

そこで、この時期には志望校の過去問を手に入れ、出題傾向を確認しましょう。

 

そして、

出題傾向を確認したら、出題傾向に適した勉強を行うための情報集取です。

例えば、

参考書はどんなものがあっているのか?

予備校へ行った方がいいのか?

勉強科目はなんなのか?

科目の優先順位は?

論述の勉強をするのか?用語説明の勉強をするのか?

etc

情報収集には時間がかかります。

特に困り果てるのは、ググっても情報が少ないことです。

ゼミの仲間や先生、心理学系の先輩に聞くのが一番です。

社会人の方や、ゼミに入っていない方は予備校の説明会へ行くことをオススメします。

少なくとも一度は予備校の説明会へ赴き、情報収集すると参考になります。

そういったときに質問のチャンスを逃さないためにも、まず一番に過去問を確認しておきましょう。

 

過去問の入手方法も、郵送を受け付けているところや、校内販売のみのところ、さらには校内閲覧のみ、非公開!etc色々ですから、もう早めの準備に越したことはないですね!

 

以上を踏まえて、

この時期の集大成として、

院試の学習計画・スケジューリングをきっちりと完成させておきましょう!

 

 

4〜8月:願書入手&研究計画書&基礎固め&説明会参加

この時期には、願書入手&研究計画書&基礎固め&説明会参加を行います。

 

だいたいこの時期から各校が願書を出し始め、同時に学校説明会を開き始めます。

学校説明会が終わった後に気がついた..っということにならないように、早めに日程を確認しておきましょう。

大学のような機関は毎年同じスケジュールで動く場合が多いので、志望校のホームページから去年度の日程を見ておくと参考になります。

例えば、入試要項の発表日、説明会のお知らせがホームページに掲載された日、説明会の日時etcです。

例年、全く同一の日程(例えば6月20日15時のように)で行ってる場合や、6月の第3月曜日の午後に行っているなど、多々ありますが、大きくは変わらないことが多いはずです。

説明会と同時に願書や入試要項、過去問も入手すると効率的なので、繰り返しますが、必ず、日程確認をしましょう!

 

そして、いよいよ研究計画書はこの時期に大詰めです。

ゴールデンウィークなどもあり、ダラダラとしがちですが、そこは気を引き締めて最後の最後まで詰めていきましょう!

 

6月ごろから、続々と願書を提出していく時期です。

 

ここまで、研究計画書に願書に学校説明会!っと忙しいわけですが、平行して基礎固めもしなければなりません。

基礎固めもおろそかにせず、積み上げていきましょう!

 

 

9月〜:入試直前、演習期!

ここまでくると、もう後は詰め込みと演習です。

8月頃までに作り上げたノートを積み込みながら、ひたすら問題にあたっていきましょう!

志望校対策です!

 

 


以上、心理大学の院試に向けた準備スケジュールをお伝えしました。

少しでも参考になれば幸いです!

お互い、がんばりましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

次、どうしたらいいの?

っという方へおすすめの記事です。

※ただいま準備中です

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください