短期記憶とは

短期記憶とは、感覚情報(感覚記憶)の一部が意味処理され、認知作業のために保管される一時的な記憶のことである。この短期記憶に一時的に保管された情報を用いて、様々な作業や問題解決が可能となる。短期記憶は利用され終わるとすぐに消える。記憶容量は7±2チャンクとされ、保持時間は10秒から30秒と長くはない。そのため、長期記憶として保持しておくためには、頭の中で短期記憶の情報を復唱するリハーサルとよばれる処理が必要だとされている。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください