スリーパー効果とは

スリーパー効果とは、時間の経過とともにメッセージの送り手の信憑性とメッセージの内容とが分離し、送り手の信憑性効果は消失して内容のみが残るという効果である。提唱者は、Hovland,C.I.(ホウランド)である。時間の経過によって、送り手の高い信憑性に担保されていたメッセージ内容自体の説得力が低下することもあれば、送り手の低い信頼性によって失われていたメッセージ内容自体の説得力が回復することもある。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください