身体症状症および関連症群(身体表現性障害)とは

 

身体症状症および関連症候群とは、医学的検査で所見が認められない身体症状や身体的なとらわれを特徴とする疾患の総称である。原因は、不安や葛藤、ストレスなどの心理的要因と考えられている。身体表現性障害になりやすい性格傾向として、自身の感情や葛藤に気づき言語化することが不得手なアレキシサイミアがあげられる。その他に、症状によって行動や責任を避けさらに周囲の関心や心配が得られるという疾病利得の関係も考えられる。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください