身体症状症とは

 

身体症状症とは、医学的には原因が見つからないが、頭痛、疲労感、アレルギー、腹痛、頻尿などが反復的に持続する症状である。原因は、何らかの葛藤やストレスなどの心理的原因と考えられる。また、身体症状を訴えることで行動や責任などを回避でき、かつ注目や同情を集めやすいという疾病利得も原因の一つと考えられる。身体化障害の発症は成人期初期が多いとされる。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください