スピアマンの2因子説とは

 

スピアマンの2因子説とは、知能を、個別の知的課題に特有の特殊因子と全ての知的課題に共通の一般因子との2つからなると考える説である。提唱者は、Spearman,C.E.(スピアマン)である。一般因子がの値が高ければ知的課題全般に高い成績をおさめ、一般因子の値が低ければ知的課題全般に低い成績をおさめると考える。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください