折半法とは

 

 

折半法とは、1つのテストを等質な2群に折半し、両群の得点間の相関係数を算出することで、信頼性を検討する方法である。デメリットとしては、等質な2群への折半の困難さがあげられる。メリットとしては、平行テストを作成する必要がないこと、作成コストが抑えられること、などがあげられる。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください