スティーブンスの法則とは

スティーブンスの法則とは、刺激の種類によって感覚と刺激の関係が変化することを数式で表した法則である。提唱者は、Stevens,S.S.(スティーブンス)である。スティーブンスはマグニチュード推定法を用いた。スティーブンスの法則によって、測定困難な「感覚」というものが測定可能となったとされる。目に見えないものを客観的に測定、分析可能にするということは、現在の心理測定の基礎を築いたと言え、歴史的意義は大きい。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください