構造論とは

構造論とは、人のパーソナリティの構造が、イド・自我・超自我の3領域からなると提唱する論である。提唱者はFreud,S.(フロイト)である。快楽原則に基づいて快楽を満たそうとするイドを、道徳原則に基づいて超自我が検閲する。イドと超自我のバランスをとるのが自我である。この自我の強化を精神分析の主題とする。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください