統計的仮説検定とは

 

統計的仮説検定とは、ある事柄が偶然に起こったのか否かを統計的に判断することである。まず、ある事柄が起こったのは偶然であり他の事柄が起こることと何ら差はないという帰無仮説と、ある事柄が起こったのは偶然ではなく他の事柄が起こることと何らかの差があるという対立仮説と、をそれぞれ設定する。その後、帰無仮説の前提で対象とする事柄が起こる確率を求める。その確率が、事前に設定した有意水準以下であれば帰無仮説は棄却され、対立仮説が採択される。対立仮説が採択されることで、対象とするある事柄が起こったのは偶然ではないと判断される。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください