アルバート坊やの実験とは

アルバート坊やの実験とは、レスポンデント条件づけの理論に基づいてワトソンが行った幼児の感情生起に関する実験である。実験参加者である幼児の名前がアルバートであったことから、アルバート坊やの実験と呼ばれることが多い。実験内容は、幼児アルバートに白いネズミを見せた後、金槌で大きな音を鳴らすというものである。実験による条件づけ以前は白いネズミには恐怖を示していなかったが、やがて白いネズミを見るだけで恐怖を示すようになった。また、反応は般化し、サンタクロースのヒゲなど白くふわふわとしたもの全般に対して恐怖を抱くようになった。ワトソンはこの実験から、感情すらも刺激と反応の関係で説明できると考えた。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください