サーストンの多因子説とは

サーストンの多因子説とは、知能を7つの独立した因子からなると考えた説である。提唱者は、Thurstone,L.L.(サーストン)である。サーストンは、因子分析によって、知的課題の結果から7つの知能因子(1言語、2語の流暢性、3空間、4数、5記憶、6帰納的推理、7知覚)を見出した。サーストンはこれをもってスピアマンの「全ての知的課題に共通する一般因子」という考え方を批判した。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください