局所論とは

局所論とは、人の精神が意識・前意識・無意識の3領域からなると唱える論である。Freud,S.(フロイト)によって提唱された。フロイトは無意識に抑圧された心的外傷がヒステリー行動などを引き起こすと考えた。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください