交流分析とは

 

交流分析とは、人物の性格特徴を5つの要素の強弱からとらえる対人関係に関する理論と心理療法である。提唱者は、Berne,E.(バーン)である。5つの要素はエゴグラムという質問紙を使って計測される。1批判的な親(CP – critical parent)、2養護的な親(NP – nurturing parent)、3大人(A – adult)、4自由な子供(FC – free child)、5順応した子ども(AC – adapted child)、という5要素である。測定された性格特徴から、その人物が陥ってしまう対人関係の様式を見出し、新しく適切な対人関係の様式を再構築することを目指す。日本では東大式エゴグラム(TEG)が用いられている。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください