転移とは

 

転移とは、心理面接の中でクライエントがセラピストに抱く非合理的な感情を指す。もともとは精神分析の概念であるが、現在ではどの心理療法でも共通して考慮される視点である。転移はクライエントが重要な他者に向けている感情を援助者に向けたものと考えることができ、クライエントの理解促進につながる。転移には陽性転移と陰性転移の2種類がある。陽性転移とは、クライエントがセラピストに好意や恋愛感情を向ける転移である。陰性転移とは、クライエントがセラピストに敵意や怒りを向ける転移である。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください