情動の2要因説とは

情動の2要因説とは、情動の生起には生理的喚起と、その生理的喚起に対する認知的解釈の2要因が必要となるという説である。Schachter,S.とSinger,J.の実験によって示された。この情動の2要因説は、情動の生起に関して身体反応を重視する点において、ジェームズ=ランゲ説を再評価するものである。つり橋効果やロミオとジュリエット効果など、帰属錯誤から生じる情動理論の基礎を築いた。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください