第2種の誤りとは

 

第2種の誤りとは、実際には偽である帰無仮説を棄却しないという誤りである。有意水準の値が小さいほど帰無仮説を棄却できないため、第2種の誤りを犯しやすくなる。有意水準は高すぎても低すぎても誤りのリスクを高める。心理学では一般的に有意水準を5%、もしくは1%に設定する。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください