Watson,J.B.とは

Watson,J.B(ワトソン)とは、行動主義の提唱者である。ヴント要素主義内観法への批判として、外部から観察可能な行動を分析することで客観性を得ようと考えた。刺激に対する行動の法則を見出すことで、行動の制御と予測が可能になると考えた。ワトソンの行動主義S-R理論とも呼ばれる。ワトソンの有名な言葉に「私に10人の子どもを預けてくれたなら、10人とも望み通りの職業に育ててみよう」というものがある。ワトソンのこういった考え方は、すべては条件づけの理論で獲得されるという極端な環境主義にもつながった。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください