ウェーバーの法則とは

ウェーバーの法則とは、弁別閾:基準刺激強度で示されるウェーバー比は常に一定であるとする法則である。提唱者は、ドイツの生理学者Weber,E.H.である。ウェーバーの法則は精神物理学の原点とされる。例えばウェーバー比が1:100の場合、100gと101gは弁別可能であるが、1000gと1005gは弁別不可能であるということである。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください