ウェクスラー式知能検査とは

 

ウェクスラー式知能検査とは、知的能力ごとの診断を目的とし、結果を偏差知能指数で示す知能検査である。開発者はWechsler,D.(ウェクスラー)である。検査は年齢ごとに3種類ある。成人(16~89歳)用のWAIS(ウェイス)、児童(5~16)用のWISC(ウィスク)、幼児(3~7歳)用のWPPSI(ウィプシー)である。知的能力ごとの診断として言語性IQ、動作性IQ、全IQを算出するほか、各下位検査の結果比較も可能である。ただし最新版WISC-Ⅳにおいては言語性・動作性IQが廃止され、全IQと4つの指標得点を求める形式となっている。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください