異なる意見をそのままに!

 

hello! world!

お元気ですか?!

一応本日は晴れてポカポカ模様。

世間はコロナですけどね苦笑

 

 

それで、今日お話ししたいのは

「異なる意見をそのままに!」

ということ!

 

 

このコロナ騒動に対する見解って絶対足並み揃わないんですよね。

 

家族の中だってそう。

会社だって学校だって友達だって親戚だって

もう誰だってそうなんです。

 

俺は会社に行きたくないのに上司は来いって言う。

自営業だから休みたいけど目先のお金がなくて休めない社長。

子供に遊びに行くなと言っても聞かない。

混んでるスーパーに行くなっていうのに食料がなくなってしまうのではないかと心配で行ってしまう奥さん。

 

 

もう、いろいろあげたらきりないと思います。

 

入社式に入学式に始業式。。

 

 

子どもの人生の節目を欠席するわけにはいかない。。とか。。

 

 

で、そんな時ですね、いろいろな考え方があると思うんです。

 

 

で、結論ですね、自分は自分で考える。そして行動する。

と、同時に違う事する他人をジャッジしない事ですね。

あの人けしからん!とか、やらない事です。

そうするとどんどんストレス溜まりますので。相手も自分もです。

 

ですから、

あぁあの人はそうするので。ま。私はこうするわ。終わり。ちゃんちゃん。

です。

 

いちいち比較する必要とかもないです。どっちが正しいとか。

 

 

だって正解はどこにもないですから。

自分で答えを出すのみです。 

 

 

それでは!have a nice day!!


と、いうわけで、とわ言え、聞いていただきたいことがあります。

 

こんな時だからこそ、きちんと自分で考え、同調圧力に負けない必要があると思うのです。

 

例えば、始業式、行く必要ありますか?

 

始業式のベネフィットって何ですか?一方でリスクは何ですか?

ベネフィットは宿題をもらえる?とか?

リスクは感染リスクですよね。あとは始業式に出なかったことで友達に奇異な目でみられるとか?

 

 

宿題なんてわざわざもらわずに自由研究にしたらダメですか?

今世界で感染者数は何人で死亡者は何人ですか?ざっくり、どれくらいの致死率なんですか?

 

そして、恐るゝべきことに、たいていの「(会社でも学校でも)行っちゃってる人」「招集しちゃってる人(社長、上司、学校の先生)」は、感染者数も死亡者数もざっくりとした死亡率も全く知りません。

 

つまり、数字の根拠なしに「空気」で判断してます。

 

どうか、どうか、KYになってください。

青信号だからってわたって死んだら死んだほうが負けです。

 

もう人の目なんか気にせずに、自分の頭で判断して行動しましょう。

行動の根拠を理性的に、理論的に考えましょう。

 

自分の命を他人に任せるなんてナンセンスだ。

 

どうか、そういう心づもりをしてください。

 

どうか、このサイトhttps://www.worldometers.info/coronavirus/くらいは毎日チェックしてから、どれくらい死ぬのか意識してから何でも決めてください。

 

生きるって本当はそういうことだ。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください